1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 事件事故
  5. 介護していた父親に暴行、死なす 容疑で44歳の長男逮捕

介護していた父親に暴行、死なす 容疑で44歳の長男逮捕

事件事故 | 神奈川新聞 | 2019年5月27日(月) 10:43

 介護をしている父親に暴行し死亡させたとして、幸署は27日、傷害致死の疑いで、川崎市幸区河原町、自称設計士の男(44)を逮捕した。

 逮捕容疑は、16日から22日にかけて、同区内の路上や自宅で、父親(72)の背中や手足を殴ったり蹴ったりし、外傷性ショックで死亡させた、としている。

 署によると、同容疑者は長男で、父親と母親(67)の3人暮らし。22日に同容疑者が「父が動かない」と119番通報、父親は搬送先の病院で死亡が確認された。

 その後、病院が全身に複数のあざがあったことから県警に通報。署は司法解剖して死因を外傷性ショックと特定し逮捕した。同容疑者は暴行について認めているが、「あざになるほどではない」と死亡との因果関係を否定している。

 同容疑者は、父親が脳梗塞を患った2年前から同居し、父親と認知症の母親を介護していたとみられる。

傷害致死に関するその他のニュース

事件事故に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

社会に関するその他のニュース

アクセスランキング