1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 事件事故
  5. 拳銃の主要部品を米国から密輸疑い 30歳の男逮捕、否認

拳銃の主要部品を米国から密輸疑い 30歳の男逮捕、否認

事件事故 | 神奈川新聞 | 2021年9月16日(木) 07:00

神奈川県警本部

 神奈川、愛知両県警は15日、銃刀法違反(拳銃部品輸入)の疑いで、名古屋市北区、無職の男(30)を逮捕した。「密輸のつもりはなかった」などと供述、容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、6月12日、拳銃の主要部品で所持などが規制されている樹脂製の「機関部体」と呼ばれる部品1個を米国から国際郵便で輸入した、としている。

押収された拳銃部品の機関部体。エアガンに装着する目的だったとみられる=神奈川県警本部

 神奈川県警薬物銃器対策課によると、男は米国の銃販売のインターネットサイトを通じて機関部体を注文。5月に発送させていた。横浜税関川崎外郵出張所の検査で発覚した。

 男は逮捕前「エアソフトガンに(機関部体を)付けてみたかった」などと説明していたという。

密輸に関するその他のニュース

事件事故に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

社会に関するその他のニュース

アクセスランキング