1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 事件事故
  5. ドイツから合成麻薬1万5千錠密輸 外国籍の男を起訴

ドイツから合成麻薬1万5千錠密輸 外国籍の男を起訴

事件事故 | 神奈川新聞 | 2021年7月29日(木) 00:21

押収された約1万5千錠のMDMAなど=横浜税関

 ドイツから合成麻薬MDMA約1万5千錠(末端価格約7500万円相当)を密輸したとして、ナイジェリア国籍の男が麻薬取締法違反(営利目的共同輸入)の罪で起訴されていたことが28日、分かった。

 神奈川県警や横浜税関によると、起訴されたのは千葉県市川市、無職の男の被告(26)。神奈川県警などは背後関係を調べている。

ラムネ菓子と入れ替え…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

麻薬取締法に関するその他のニュース

事件事故に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

社会に関するその他のニュース

アクセスランキング