1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 事件事故
  5. 川崎の強盗未遂、実行役募った疑い 「点検強盗」と関連か

川崎の強盗未遂、実行役募った疑い 「点検強盗」と関連か

事件事故 | 神奈川新聞 | 2021年1月27日(水) 05:00

神奈川県警

 昨年9月に川崎市の住宅に押し入って金品を奪おうとしたとして、県警捜査1課と港北署などは26日、強盗未遂などの疑いで、住所不定、無職の男(22)=強盗致傷罪などで起訴=を再逮捕した。

 県警によると、男はこの事件の実行役ではなかったが、会員制交流サイト(SNS)で実行役を募った疑いがある。調べに対し「募集はしたが、詳細な仕事内容は知らなかった」などと供述、容疑を否認している。

 再逮捕容疑は、ともに強盗未遂罪で起訴された26歳の男と、29歳の男の両被告らと共謀して昨年9月17日午後0時55分ごろ、川崎市幸区の住宅に侵入し、住人の80代女性と50代の息子を脅して金品を奪おうとした、としている。

 県警によると、実行役は両被告で、無職の男はSNSで「即金」「高額報酬」などとうたって実行役を募っていた。その後、26歳の男とメッセージが一定時間で消える通信アプリ「テレグラム」で連絡を取り合っていたことが分かった。

 この住宅には昨年8月、ガス点検を装った2人組の男が訪問しており、首都圏で相次いだ点検強盗事件との関連が指摘されている。

 無職の男は、29歳の男と共謀して昨年9月11日、横浜市港北区の住宅に防災機器の点検を装って侵入し、住人にけがを負わせて現金を奪ったとして強盗致傷容疑で逮捕、起訴された。

若者が標的…SNS「闇バイト」実態は

 県内では昨年8~9月に横浜、川崎、鎌倉市で点検を装って住宅に侵入する強盗事件が類似の手口を含め4件相次いだ。県警は、それぞれの事件の実行役とされる男計5人を逮捕。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

強盗に関するその他のニュース

事件事故に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

社会に関するその他のニュース

アクセスランキング