1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 事件事故
  5. スケボー目的侵入で4人書類送検「人少なく練習しやすい」

スケボー目的侵入で4人書類送検「人少なく練習しやすい」

事件事故 | 神奈川新聞 | 2020年11月24日(火) 22:47

スケートボード目的での立ち入りを禁止する表示=横浜市西区

 スケートボードが禁じられている商業施設やビルの敷地内に滑走目的で立ち入ったとして、戸部署は24日、軽犯罪法違反(立ち入り禁止場所等侵入)の疑いで、相模原市南区に住む美容師の男性(21)ら4人を書類送検した。

 ほかに書類送検されたのは、座間市、川崎市中原区、横浜市泉区に住むいずれも20歳で大学3年の男子学生3人。

 美容師の男性と座間市の学生の書類送検容疑は、10月12日午前11時ごろ、横浜市西区南幸2丁目の商業施設敷地内に滑走目的で立ち入った、としている。川崎市と横浜市の学生の書類送検容疑は、同22日午後7時45分ごろ、同区みなとみらい3丁目のビル敷地内に、滑走目的で立ち入った、としている。

 署によると、いずれの場所も歩行者の通行は可能だが、スケートボード目的の立ち入りは禁止され、告知の張り紙も掲出されていた。4人とも容疑を認め「少しくらいならいいだろうと思った」「人通りが少なく、階段なども多いので練習しやすいと思った」などと供述している。

騒音、衝突懸念…住民から苦情 県警、重大事故に危機感

 公共施設でのスケートボードを巡っては、騒音や衝突を懸念する住民から長年にわたり苦情が寄せられていた。横浜市と県警は対策に奔走してきたが、夜間を中心に愛好者が集う状況は改善せず、通行人とのトラブルも散発。放置すれば重大事故にもつながりかねず、県警は危機感を背景により強い措置に踏み切った。

 平日深夜の同市西区・みなとみらい21(MM21)地区。周囲に商業施設やマンションが立ち並ぶグランモール公園の一角に「ガラー」「カツカツ」といった滑走音が響き渡る。

 スケートボードに興じていたのは男性2人組。公園内のモニュメントやベンチの縁を利用し、軽快にトリック(技)を決めていく。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

スケートボードに関するその他のニュース

事件事故に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

社会に関するその他のニュース

アクセスランキング