1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 事件事故
  5. コロナ給付金だまし取る 指南役ら4人再逮捕

コロナ給付金だまし取る 指南役ら4人再逮捕

事件事故 | 神奈川新聞 | 2020年11月24日(火) 21:19

保土ケ谷警察署

 新型コロナウイルス対策で国が個人事業主に最大100万円を支給する持続化給付金を詐取したとして、神奈川県警捜査2課と保土ケ谷署は24日、詐欺の疑いで、海老名市中野、会社役員の男(35)ら男女4人を再逮捕した。

 ほかに再逮捕されたのは、保険外交員の女(36)=厚木市三田、アルバイトの男(23)=藤沢市藤沢、大学4年の男(23)=横浜市戸塚区俣野町=の3容疑者。

 再逮捕容疑は、共謀して7月、県内に住む20代の男性会社員を個人事業主と偽り、売り上げが50%以上減少したなどとする虚偽の売り上げ台帳などのデータを添付して給付金をオンライン申請し、100万円をだまし取った、としている。4人ともおおむね容疑を認めているという。県警は男性会社員についても任意で調べている。

 県警によると、会社役員の男が指示役とみられ、ほかの3容疑者がそれぞれ個人事業主だと偽って給付金を申請し、詐取した疑いがあることも判明。県警は4人が約60件(総額約6千万円)の不正受給に関わったとみて捜査している。

 4人は同様の手口で給付金100万円を詐取した疑いで、逮捕されていた。4人以外に20代の派遣社員の男も不正受給に関与したとみて調べている。

こちらもおすすめ

詐欺に関するその他のニュース

事件事故に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

社会に関するその他のニュース

アクセスランキング