1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 事件事故
  5. 理科実験中のどの痛み 児童12人搬送うち5人入院 川崎

理科実験中のどの痛み 児童12人搬送うち5人入院 川崎

事件事故 | 神奈川新聞 | 2020年10月22日(木) 22:20

 22日午後2時半ごろ、川崎市麻生区の市立虹ケ丘小学校で、「理科実験中にアンモニア臭気を吸い込み、11人が喉の痛みを訴えている」と教員から119番通報があった。市教育委員会によると児童12人が病院に救急搬送され、うち5人が入院した。いずれも軽症で命に別条はないという。

 市教委によると、6年の1学級(児童18人)が理科の授業中、理科室でビーカーに入れたアンモニア水や食塩水、水などに付けたリトマス試験紙の変化を調べる実験をしていた。児童2人が体調不良を訴え、その後複数の児童も喉の痛みや吐き気などを訴えた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

小学校に関するその他のニュース

事件事故に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

社会に関するその他のニュース

アクセスランキング