1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 鳥インフル6例目か、鹿児島

鳥インフル6例目か、鹿児島

社会 | 共同通信 | 2022年12月6日(火) 18:21

 鹿児島県は6日、出水市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例を確認したと発表した。この養鶏場では採卵鶏約6万羽を飼育しており、県の遺伝子検査で陽性が確認されれば、殺処分する。感染が確認された場合、県内の養鶏場では今季6例目。

 県によると、6日午前、養鶏場から農協を通じ、鶏が死んでいると県の家畜保健衛生所に連絡があった。簡易検査で9羽のうち5羽が陽性だった。

 県は同日、約12万羽の殺処分が完了した4例目に関し、国の遺伝子検査で高病原性と確定したことも発表した。

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング