1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 箱根山・大涌谷、「火山灰噴出に注意を」 気象庁が見解

箱根山・大涌谷、「火山灰噴出に注意を」 気象庁が見解

社会 | 神奈川新聞 | 2022年11月9日(水) 22:20

箱根山・大涌谷(資料写真)

 気象庁は9日、箱根山(箱根町)の火山活動の状況について見解をまとめ、「大涌谷周辺の火口域で活発な噴気活動が続いており、火山灰などの突発的な噴出に注意が必要」と呼びかけた。5段階の噴火警戒レベルは最低の1(活火山であることに留意)が継続している。

 同日公表された10月の活動概況によると、火山性地震は少なく、地震活動は低調に推移。火山活動が原因とみられる地殻変動も観測されなかったという。

 11月に入ってから大涌谷で高濃度の硫化水素(H2S)が観測され、観光客を屋内に退避させるケースが相次いでいるが、大涌谷の火山ガスに詳しい東海大の大場武教授は「濃度上昇は一時的な現象で風向きの影響ではないか」との見方を示す。4日にガスの定点観測を行ったが、「10月の調査時から特に変化はなく、火山活動は静穏」と判断している。(渡辺 渉)

箱根山に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング