1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 箱根・大涌谷で観光客265人屋内退避 火山ガス濃度上昇

箱根・大涌谷で観光客265人屋内退避 火山ガス濃度上昇

社会 | 神奈川新聞 | 2022年11月8日(火) 17:53

箱根山・大涌谷(資料写真)

 神奈川県箱根町は8日、箱根山の大涌谷園地で火山ガス濃度が上昇したとして、園地内の観光客265人を屋内退避させた。直後に濃度が正常値に戻ったことから30分後に解除し、体調不良などを訴える人はいなかった。

 町によると、同日午前9時45分ごろ、園地駐車場の自動計測装置が硫化水素濃度(11・3ppm)を記録し、屋内退避の基準値(10ppm)を超えたため、観光客らを退避させた。

 同10時20分には1・7ppmまで濃度が低下したことから、退避を解除した。

箱根町の分析は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

箱根山に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング