1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. JR四国、21年度全線営業赤字

JR四国、21年度全線営業赤字

社会 | 共同通信 | 2022年11月8日(火) 11:08

 JR四国本社ビルのロゴ=高松市

 JR四国は8日、2021年度の線区別収支を公表した。新型コロナウイルスの影響が長引き、20年度に続いて全8路線、18区間で営業損益が赤字となった。同社の経営状況は深刻さを増している。23年春にも管内全域を対象に平均で約13%の運賃値上げを実施する予定。

 19年度に唯一黒字だった本州と四国を結ぶ本四備讃線(瀬戸大橋線、児島―宇多津)は4億円の赤字。赤字額が最も大きいのは土讃線の琴平―高知で28億円だった。

 100円の収入を得るために必要な費用を示す「営業係数」は最も厳しい予土線(北宇和島―若井)が1761円で、次いで牟岐線の阿南―阿波海南が1096円。

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング