1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 日本の現実を直視する 高賛侑監督に聞く

時代の正体 差別のないまちへ
日本の現実を直視する 高賛侑監督に聞く

社会 | 神奈川新聞 | 2022年10月21日(金) 11:00

 朝鮮学校の差別的取り扱いに、技能実習生の搾取、難民認定率の低さ、人を人と扱わない入管制度や出入国在留管理局の対応─。外国人差別が横行する日本の実態を白日の下にさらすドキュメンタリー映画「ワタシタチハニンゲンダ!」が22日から、横浜シネマリン(横浜市中区)で上映される。作品が突き付ける、時に目を背けたくなるほどの人権侵害の現場は衝撃的だが、直視すべき現在進行形の事実だ。高賛侑(コウチャニュウ)監督に、作品に込めた思いを聞いた。
(柏尾 安希子)

世界でも異常な

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

差別に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング