1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 国連環境計画事務局長が広島訪問

国連環境計画事務局長が広島訪問

社会 | 共同通信 | 2022年10月1日(土) 16:47

 広島市で松井一実市長(右)と面会する国連環境計画のアンダーセン事務局長=1日

 国連環境計画(UNEP)のアンダーセン事務局長は1日、広島市を初めて訪問し、松井一実市長や被爆者と面会した。原爆資料館も視察し、平和記念公園の原爆慰霊碑に献花。視察終了後、記者団に「被爆の実相を学び、被爆者がどのように体験を後世に伝えているのかを知ることは、平和の重要性を理解する上で大切だ」と語った。

 原爆資料館については「聖なる地に立っている。原爆の犠牲者を追悼すると同時に、若い世代への啓発を行う場所だ」と述べた。

 松井市長との面会では「私たちは核兵器によるいかなる圧力も受け入れてはならない。広島が経験したことを決して忘れない」と強調した。

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング