1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. アカボウクジラ、25年ぶり確認か 小田原の海岸に死骸

アカボウクジラ、25年ぶり確認か 小田原の海岸に死骸

社会 | 神奈川新聞 | 2022年8月21日(日) 18:19

海岸に打ち上げられたアカボウクジラ=小田原市石橋

 小田原市石橋の海岸でクジラの死骸が打ち上げられていたことが21日、分かった。県立生命の星・地球博物館(同市)によると、深海に生息するアカボウクジラとみられ、県内ではここ25年ほど海岸への座礁や漂着は確認されておらず、珍しいケースという。

 同館によると、クジラは体長5・7メートルで、成熟した雄。20日午前9時半ごろ、石橋漁港周辺で釣り客が岩場に打ち上げられたクジラを発見し、近くのダイビングショップが市に通報。県が波に流されないようロープでつないだ。

先のとがった口先が特徴

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

クジラに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング