1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜大空襲 黄金町駅は地獄絵

再録・横浜大空襲体験記
横浜大空襲 黄金町駅は地獄絵

社会 | 神奈川新聞 | 2022年8月9日(火) 16:33

 1945年5月29日の横浜大空襲。体験者が少なくなる中、惨禍を末永く伝えるため、過去の神奈川新聞に掲載された体験記を再録します。
 現代の観点では不適切な表現もありますが、掲載当時の表現、表記をそのまま掲載しています。(※)で適宜編注を入れ、改行や句読点などを追加しました。
金井四一郎さん(当時14歳)
1982年5月29日掲載
 当時は岡村(※磯子区)にあった横浜中学(現在の谷津坂(※能見台)・横浜高校)の2年生でした。中区の赤門町に自宅がありました。

 29日は学校に行ってまして、午前8時半頃警戒警報が鳴りまして、生徒を自宅へ帰らせたんです。実際に空襲が始まった時(※午前9時半頃)…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

横浜大空襲に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング