1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 広島原爆忌 慰霊碑の親友の名呼ぶ 「悔しくて仕方ない」

平和つなぐ
広島原爆忌 慰霊碑の親友の名呼ぶ 「悔しくて仕方ない」

社会 | 神奈川新聞 | 2022年8月6日(土) 22:50

 広島赤十字病院(現広島赤十字・原爆病院)の看護学生だった鈴木郁江さん(95)=座間市=は被爆から4日ほどして実家に戻った。数カ月静養して呼び戻されたが、貧血で医師の回診中に立ち続けることができない。看護の道は断念するしかなかった。

 23歳で親類の英夫さんと結婚。1人を死産し、3人の娘も難産だった。5歳上の姉、田治桃枝さんを失ったのは、次女を身ごもっていた時だ。姉は原爆投下の数日後に…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

原爆に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング