1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 宝田明さんの反戦の遺志継ぐ 小田原で9月に音楽ステージ

平和つなぐ
宝田明さんの反戦の遺志継ぐ 小田原で9月に音楽ステージ

社会 | 神奈川新聞 | 2022年8月1日(月) 05:30

生前に「宝田明物語」のステージに立つ宝田さん=2018年、藤沢市内

 映画「ゴジラ」や青春映画で活躍し、晩年には反戦を訴え今年3月に亡くなった俳優宝田明さん(享年87歳)の遺志を継ごうと、役者仲間や市民有志による音楽ステージが9月、小田原で開かれる。宝田さんが生前に作詞した「私の願い」は「守り続けよう 今の平和を」と歌い、ともに反戦運動に携わった仲間たちは「日本もうっかりすれば戦争に向かってしまう。その小さな種を消していかなければいけない」と訴える。

 宝田さんは1934年、朝鮮北部に生まれ、少年時代を過ごした旧満州に11歳の夏、旧ソ連軍が突如として侵攻。ソ連兵は街で略奪と暴行を繰り返し、宝田さん自身も脇腹をソ連兵に撃たれて生死をさまよった。ソ連兵に連れ去られた兄を残したまま、一家は命からがら日本へと引き揚げた。

 帰国後、「ゴジラ」(54年)の主演に抜てきされ、トップスターの階段を駆け上がったが、自らを「ノンポリ」と称し、戦争への思いは長らく封印してきた。「戦争反対と言ったら仕事がなくなる。でも、これからは自分の言いたいことを言いたい」。80歳を超え、50年来の親交があった俳優沢木順さん(76)に打ち明けた。

ソ連への怒りを原動力に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

ゴジラに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング