1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎で差別扇動デモ 無告知で行うも抗議効果表れ短時間に

時代の正体 差別禁止法を求めて
川崎で差別扇動デモ 無告知で行うも抗議効果表れ短時間に

社会 | 神奈川新聞 | 2022年7月18日(月) 10:38

 外国人排斥を繰り返すレイシスト集団「日の丸街宣倶楽部」が17日、JR川崎駅周辺でヘイトデモを行い、外国人差別を肯定する「ヘイトスピーチ条例はいらない」といった愚劣な差別扇動のメッセージをまき散らした。ただ参加者12人、1キロにも満たないコースで、15分ほどで終了という低調ぶり。罰則条例や市民の抗議活動の効果も表れていた。

 デモは無告知で行われ…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

時代の正体に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング