1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜で今年初の猛暑日 36・1度、6月の観測史上最高

横浜で今年初の猛暑日 36・1度、6月の観測史上最高

社会 | 神奈川新聞 | 2022年6月30日(木) 11:30

厳しい暑さとなる中、水遊びを楽しむ姿も=30日正午、海老名市の海老名中央公園

 神奈川県内各地の記録的な猛暑は30日も続き、横浜市中区では36・1度と6月の観測史上最高気温を更新した。横浜が猛暑日(最高気温35度以上)となるのは今年初だが、県内では4日連続。

 この日は海老名市も35・5度まで気温が上昇し、猛暑日となった。小田原市は34・6度、三浦市は今年最高となる31・9度だった。

 横浜地方気象台によると、横浜では1896(明治29)年から気温の統計があり、これまでの6月の最高気温は2005年6月28日の35・5度だった。

厳しい暑さとなる中、水遊びを楽しむ姿も=30日正午、海老名市の海老名中央公園
日差しをしのごうと、日傘を差す人が目立つ=30日午前、海老名市内
強い日差しを避けるため、日傘を差して歩く人たち=30日午後2時55分ごろ、横浜駅西口(三木 崇写す)
神奈川県内では、真夏のような厳しい暑さが続いている=30日午前

猛暑日に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング