1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 酷暑の神奈川で熱中症急増 前週の5倍、梅雨明け後さらに

酷暑の神奈川で熱中症急増 前週の5倍、梅雨明け後さらに

社会 | 神奈川新聞 | 2022年6月29日(水) 20:10

 6月下旬の記録的な猛暑で、熱中症の救急搬送者数が急増している。神奈川県内では20~26日の1週間で180人(速報値)が病院に運ばれ、前週(13~19日)の5倍に。高齢者が半数近くを占めたほか、発症の場所は住居(庭を含む)が最も多かった。関東甲信地方で観測史上最速の梅雨明けが発表された27日以降は増加傾向に拍車がかかっており、県は「エアコンを適切に使用するなど熱中症の予防に努めて」と呼びかけている。

 熱中症の症状を訴えて病院に運ばれた人数は4月25日以降、総務省消防庁が全国分を1週間ごとに集計している。県内では、同日から6月19日までの2カ月近くで計210人だったが、20日以降のわずか1週間でほぼ倍増した形だ。前週は36人(速報値)だった。

 県によると、計180人が運ばれた20~26日で日別の搬送者が最も多かったのは、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

猛暑日に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング