1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 巧妙化する報酬授受 ギフトカードを悪用

特殊詐欺の実態 粗暴化する男たち
巧妙化する報酬授受 ギフトカードを悪用

社会 | 神奈川新聞 | 2022年6月23日(木) 17:00

 特殊詐欺(トクサギ)の被害が止まらない。取材を進めて浮かび上がるのは、トクサギを担う犯罪者たちが、強盗や強盗致傷へと先鋭化していく実態だ。末端の共犯者たちが脅され、追い詰められて凶悪化する現実とは。「粗暴化する末端」に迫る。

 (捜査関係者、詐欺グループ関係者、訴訟関係者への取材のほか、起訴された被告や共犯者、証人による公判廷供述、訴訟関係資料を基に構成しています)


 横浜市港北区の高齢女性=当時(91)=の家に押し入り、女性を縛り上げた桶谷博=仮名、当時(29)=は、女性宅のインターホンが鳴ったことで失敗を悟り、庭から逃げ出した。

 「アカサカ」と「テラサキ」を名乗る指示役に言われるがまま、西へ向かって走り続けた。鶴見川を渡ってほど近いコンビニで、共犯者の木暮虎夫=仮名、当時(22)=と合流した。

木暮(仮名)が奪った金やキャッシュカードを駐車場の地面に置き指示役の男らに送る写真を撮影したコンビニ=川崎市幸区

 この時、木暮の手元には女性宅から奪った現金2万4千円とキャッシュカード2枚、クレジットカード3枚があった。新たな指示が木暮に告げられた。

 「奪ってきたものをスマホで撮って送れ」

 木暮はコンビニ駐車場の地面に奪った現金やカード類を広げ、スマートフォンで撮影した。

 すぐに返信が来た。奪った現金を使ってコンビニで「iTunes(アイチューンズ)カード」を購入しろという指示だった。

現金をコード化

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

特殊詐欺に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング