1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 沖縄復帰50年(上)いつまで頑張れば

時代の正体 記者の視点=田中大樹
沖縄復帰50年(上)いつまで頑張れば

社会 | 神奈川新聞 | 2022年6月21日(火) 10:00

 沖縄は23日、沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」を迎える。屈辱の日から70年、本土復帰から50年の節目に沖縄を訪ねた。


警察官の壁を前に立つ元山さん=沖縄県宜野湾市

 空気が張り詰めていた。新型コロナウイルス禍が一時期より落ち着き、穏やかな陽気も迎えて、どこか弛緩(しかん)した本土とは明らかに違っていた。

 5月15日午後、沖縄本島中部の宜野湾市。沖縄の本土復帰50年を迎え、記念式典の会場となった沖縄コンベンションセンター周辺は、新基地建設が強行される米軍キャンプ・シュワブ(名護市)のゲート前を彷彿(ほうふつ)させた。

祝える状況では「ありません」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

沖縄に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング