1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 不登校生徒も校内に居場所 藤沢・片瀬中「カフェ」

不登校生徒も校内に居場所 藤沢・片瀬中「カフェ」

社会 | 神奈川新聞 | 2022年6月13日(月) 05:00

PTA役員経験者ら地域住民が運営する「片中カフェ」=藤沢市

 不登校の生徒が気軽に立ち寄れる居場所をつくる試みが、藤沢市立片瀬中学校(同市片瀬山4丁目)で行われている。教室や図書室といった教育施設ではない「第3の自由室」として、PTA役員経験者ら地域住民が運営。校内にありながら、気兼ねなく息抜きができる居場所を目指している。

 同中1階の一角に月2回オープンするのは「片中カフェ」。「カフェといってもコーヒーはありません。本を読んだり、ゲームをしたり、思い思いにくつろいでもらう自由室として開放している」

 片中カフェ運営代表で同中PTA役員経験者の会社員西永雄二さん(50)は、「こちらから特に何かを提供するわけでもなく、話しかけられればお話しをするような、そんな距離感を大切にしている」と話す。

 カフェとして活用しているのは主に週2回、カウンセリングルームとして使用する「心の相談室」。カフェ開設日には入り口の横に「片中カフェ」と書かれた看板を出し、運営スタッフ9人が持ち回りで見守り役として1人が在室している。2021年7月にスタートし、これまでに17回開いた。

利用さまざま 問題解決も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

不登校に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング