1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 被告に懲役18年判決 被告は即日控訴へ 危険運転を認定

東名あおり運転差し戻し審
被告に懲役18年判決 被告は即日控訴へ 危険運転を認定

社会 | 神奈川新聞 | 2022年6月6日(月) 15:31

横浜地裁

 大井町の東名高速道路で2017年6月、「あおり運転」を受けて停止させられたワゴン車に後続車が追突し、静岡市の男性=当時(45)=一家4人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた無職の男(30)の差し戻し裁判員裁判の判決公判が6日、横浜地裁(青沼潔裁判長)であった。同地裁は被告の妨害運転はあったと認定し、危険運転致死傷罪が成立するとして、求刑通り懲役18年を言い渡した。

 被告側は即日控訴する意向を示した。

 差し戻し審は、被告が一家のワゴン車の直前に進入し、著しく接近するなど4度の「妨害運転」があったといえるか、妨害運転によって死傷事故が起きたとして危険運転致死傷罪が成立するかが争点だった。弁護側は、妨害運転があったとはいえず、事故原因はワゴン車に追突したトラックにあると無罪を主張した。

 青沼裁判長は被告車両の走行軌跡の分析や、男性の長女ら関係者の証言を踏まえ、被告の4度にわたる妨害運転の事実を認定。

 被告の妨害運転には、男性一家に停車を求める強い意志があり、当時、ワゴン車を運転していた男性の妻=当時(39)=が高速道路上に停車したのは、妨害運転で冷静な判断ができない状況に追い込まれたためだとした。妨害運転と死傷事故の因果関係を認め、同罪は成立すると結論づけた。

東名あおり事故に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング