1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. リニア「神奈川県駅」初公開 相模原・橋本駅前の工事現場

動画
リニア「神奈川県駅」初公開 相模原・橋本駅前の工事現場

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月30日(月) 21:42

 JR東海は30日、相模原市緑区で建設を進めているリニア中央新幹線「神奈川県駅(仮称)」の工事現場を初めて報道陣に公開した。同駅はJR横浜線と相模線、京王線が乗り入れる橋本駅前で建設されている。地下30メートルに造られ、駅舎は全長680メートルで二つのホームに4線を設ける予定。

報道陣に公開されたリニア中央新幹線「神奈川県駅(仮称)」の工事現場=相模原市緑区

 2019年11月に着工し、現在は地下17メートル付近の掘削工事が進められている。本年度中に地下30メートルまで掘削し、底部から駅の構造物を構築する作業に入るという。

 この日、JR東海は鉄骨を組み立てて土壌を支えていることや、掘削斜面が崩れないようコンクリートを吹き付けている状況について説明した。同社中央新幹線建設部の吉川太郎担当課長は「地域の理解、相模原市の協力があり、工事は順調に進んでいる。今後も工事の安全と環境の保全、地域との連携を大切にしながら進めていきたい」と語った。

 リニア中央新幹線は品川─名古屋間を約40分で結ぶ計画。27年の開業を目指すが、環境対策を巡り静岡県とJR東海の協議が難航し、同年の開業は延期が不可避の情勢になっている。

報道陣に公開されたリニア中央新幹線の「神奈川県駅(仮称)」の工事現場=相模原市緑区
リニア中央新幹線「神奈川県駅(仮称)」の工事現場。鉄骨を組み立てて土壌を支えている様子が公開された=相模原市緑区

リニア中央新幹線に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング