1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 首都直下地震 神奈川で死者3千人を想定 130万人避難

首都直下地震 神奈川で死者3千人を想定 130万人避難

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月25日(水) 23:10

 東京都は25日、首都直下地震の被害想定を10年ぶりに見直し、報告書を公表した。建物の耐震化、不燃化が進んだことで、都内の死者は2012年から約3500人減り最大約6100人となった。建物被害も3割以上減の見込み。震災関連死など、数値化はできないが想定される被害も初めて時系列で明記した。

 神奈川県による首都直下地震などの被害想定は、東日本大震災後の2015年に公表されている。東京都内の被害が最大となるマグニチュード(M)7・3の「都心南部直下地震」が発生すると、横浜、川崎、相模原市などで震度6強の激しい揺れとなり、建物の倒壊などによる死者は県内全体で約3千人に上ると予想している。

【下表:都心南部直下地震の被害想定】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

首都直下地震に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング