1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 入所者に暴力の介護施設職員に、懲役2年執行猶予3年判決

入所者に暴力の介護施設職員に、懲役2年執行猶予3年判決

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月24日(火) 20:54

横浜地裁

 「言うことを聞いてもらおうと思い、暴力を振るってしまった」「ストレスや心の弱さで、してはいけないことをしてしまった」

 介護付き有料老人ホームで勤務中、入所者の男性=当時(73)=に暴行を加えて全治約2カ月のけがを負わせたとして、傷害罪などに問われた横浜市栄区の元介護福祉士の男(40)。横浜地裁(藤原靖士裁判官)は24日、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。公判では暴行に至った原因を追及され、被告は謝罪の言葉を繰り返した。

 検察側の冒頭陳述や論告などによると、2014年に施設に入所した被害男性は認知症や失語症があった。

 「おむつをずらされ、何度も注意したがやめてもらえず、イライラして暴力を振るってしまった。強い力でやったつもりはなかった」と、被告。男性から時々つねられるなど介護拒否をされ、声をかけてもやめてもらえなかったとも説明し、遅くても昨年10月ごろから、男性の頬をたたいていたという。

被害男性の妻は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

裁判に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング