1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 知花昌一さんに聞く(下)戦争の道 強制に抗議の火

時代の正体 沖縄復帰50年
知花昌一さんに聞く(下)戦争の道 強制に抗議の火

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月16日(月) 10:00

 沖縄は15日、本土復帰から50年を迎えた。知花さんに復帰や日の丸に寄せる思いを聞いた。(田中 大樹)


本土復帰への思いを語る知花さん=沖縄県読谷村

 見上げると、青空が広がっていた。陽光がまぶしい。

 1987年10月26日、沖縄本島中部の西海岸、完成間もない読谷村の野球場は国民体育大会ソフトボール競技の会場となっていた。開会式のさなか、知花昌一さん(74)はブロックの壁をよじ登り、スコアボードの上に立った。たなびく日の丸の旗をポールから引き下ろす。手元にたぐり寄せ、ライターで火を付けた。

 「日差しが強く、黒いしみがじわりと広がるようにしか見えない。それでも日の丸を振って風を送ると、みるみる燃えていきました。拍手が起こり、指笛が鳴っていたのを覚えています」

戦後も過酷な道に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

沖縄に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング