1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 知花昌一さんに聞く(上)憧れの日本、またも裏切り

時代の正体 沖縄復帰50年
知花昌一さんに聞く(上)憧れの日本、またも裏切り

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月15日(日) 10:00

 沖縄は15日、本土復帰から50年を迎えた。知花さんに復帰や日の丸に寄せる思いを聞いた。(田中 大樹)


「日の丸少年だった」と語る知花さん=沖縄県読谷村

 音もなく、雨が降っていた。庭木の緑が深みを増し、つややかに輝く。

 沖縄本島中部の西海岸、読谷村の高台に立つ家の主(あるじ)、知花昌一さん(74)は庭に面したソファに腰を下ろし、半世紀前を振り返った。

 「あの日も雨でした。それも土砂降りです」

 1972年5月15日、沖縄の本土復帰の日。東京・日本武道館と那覇で記念式典が開催され、那覇会場の市民会館に隣接する与儀公園に1万人ほどが集まった。抗議の声を上げる人波の中に、知花さんはいた。

 「足元は田んぼのようにぬかるんでいました。くるぶしまで泥に漬かりながら怒りの声を上げ、国際通りまでデモ行進をしながら悔し涙を流しました。信じた日本にまたも裏切られた。泥と汗と涙にまみれ、沖縄が泣いていました」

校庭で米兵が戦闘訓練

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

沖縄に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング