1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎市 443人感染 2保育関連施設を臨時休園

新型コロナ
川崎市 443人感染 2保育関連施設を臨時休園

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月14日(土) 18:00

川崎市役所

 新型コロナウイルス感染症を巡り、川崎市は14日、新たに10歳未満~80代の男女443人の感染が確認されたと発表した。市は435人の感染経路が不明としている。陽性患者の接触者は8人で、いずれも家庭内感染だった。

 感染者の症状別では、中等症5人、軽症320人、無症状101人。17人の症状を調査中としている。

 感染者の年代別内訳は、20代が120人で最多。30代が69人、40代が67人、10歳未満が56人、10代が55人、50代が43人、70代が15人、60代が13人、80代が5人だった。

 市は同日、関係者の感染が判明した「西有馬おひさま保育園」(宮前区)と「アスクさぎぬま保育園」(同)を当面の間、臨時休園すると発表した。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング