1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 三浦学苑高、教室環境「見える化」 コロナ対策で効果検証

新型コロナ
三浦学苑高、教室環境「見える化」 コロナ対策で効果検証

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月14日(土) 17:40

 三浦学苑高校(横須賀市衣笠栄町)で、専用センサーを使い教室内の状況を「見える化」するシステムの実証実験が行われている。学校への導入は初めてで、新型コロナウイルス対策として効果が注目される。

 自動車向け合成樹脂大手のニフコ(同市光の丘)が同市の補助金を活用して開発したシステムで、4月から1年生の1クラス(約40人)に導入している。

 教室内の二酸化炭素(CO2)濃度と気温、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

実証実験に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング