1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 引きこもりの若者ら農業体験 平塚で動き出した就労支援

引きこもりの若者ら農業体験 平塚で動き出した就労支援

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月9日(月) 11:40

 不登校や引きこもりの若者と人材不足に悩む農家をつなげようと、平塚市を拠点に活動するNPO法人「ぜんしん」(同市中堂)の農業体験を通じた福祉事業が5月からスタートした。市の協力を得た市民提案型協働事業で、就労や復学など自立支援に向けて実践的な場を設け、就農に結び付けるのが狙い。同法人の柳川涼司理事長(48)は、自身の引きこもり経験を踏まえ「彼らが自信を付け、自己肯定感を高めて段階的に上がっていくのが大事」と強調する。

 汗ばむ陽気となった5月上旬。稲作の全行程を請け負う農業生産法人の収穫施設「湘南ライスセンター」(同市大島)に、米作りの農業体験に参加する人たちの姿があった。ベルトコンベヤーで次々と流されてくる育苗トレーを運び出す作業に、参加者からは「…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

引きこもりに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング