1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜市大の学食で提供「サスシー」って? 持続可能な海へ

横浜市大の学食で提供「サスシー」って? 持続可能な海へ

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月7日(土) 12:30

SDGsの達成に貢献できる学食の新メニューづくりに挑戦したテフズのメンバー

 横浜市立大学金沢八景キャンパス(同市金沢区)の生協食堂は9日から、サステナブル・シーフード(持続可能な魚介、略してサスシー)を使ったメニューを提供する。国内の学食としては初の認証を受けたもので、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献したいと活動する学生団体「TEHs(テフズ)」が2年前から働きかけて実現した。おいしく食べて水産資源を守り、持続可能な海へ一歩でも近づける。

 きっかけは「サスシー」を社員食堂で導入するパナソニックホールディングス(PH)の第一人者に授業で話を聞いたことだった。「食べるという日常的に楽しいことでSDGsに貢献できる。皆で十分話し合ってやることにした」。テフズの立ち上げから関わる4年生の南亜伽音さん(21)は振り返る。

第1弾はフライ丼 学生価格で

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

横浜市立大学に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング