1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 鎌倉の「シェルター」 ウクライナ避難民受け入れ

ウクライナ侵攻
鎌倉の「シェルター」 ウクライナ避難民受け入れ

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月5日(木) 21:30

鎌倉市内に避難してきたウクライナ避難民の夫婦(NPO法人アルペなんみんセンター提供)

 難民申請中の外国人の受け入れを行っている「アルペなんみんセンター」(鎌倉市十二所)が、新たにウクライナ避難民の夫婦を受け入れた。同施設は鎌倉の静かな山あいに建つ国内最大級の「シェルター」。同施設を運営するNPO法人の有川憲治事務局長(59)は「2人が地域での役割を見つけるお手伝いができれば」と話している。

 同施設は、長年難民支援に関わってきた有川さんによって2年前に開設された。元々は、修道院として使われていた建物で、その名称はイエズス会の総長を務め、広島で被ばく者の救援に携わったペドロ・アルペ神父に由来するという。現在はミャンマーやスリランカなど10カ国から逃れてきた13人が身を寄せている。

 ウクライナ避難民の受け入れが持ち上がったのは、今月8日のことだった。市内に住む40代のウクライナ人女性から「両親を何とか日本に呼び寄せたい」とSOSの声が上がった。

言語は何とか でも課題は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

ウクライナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング