1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜・資材置き場の騒音振動(上)住民迷惑、どうすれば?

追う!マイ・カナガワ
横浜・資材置き場の騒音振動(上)住民迷惑、どうすれば?

社会 | 神奈川新聞 | 2022年5月2日(月) 05:00

 「町内に資材置き場ができ、建設残土を運ぶダンプカーが突然、行き来するようになった。騒音・振動で住民が迷惑している」。横浜市都筑区の男性から「追う! マイ・カナガワ」取材班に相談が寄せられた。送られてきた動画を見ると、確かに夜間まで作業音が響き、住民が困っている様子が伝わってくる。解決策を探ろうと取材を進めた。


壁にひび、水道管破裂

鉄塀を軽く超える土砂。業者のショベルカーが昼夜問わずに作業をしていたという=2020年1月、横浜市都筑区(住民提供)

 最初の投稿があったのは昨夏のこと。投稿した男性の案内を受けて、取材班が現場を訪れると、周辺は住宅や畑が入り交じり、のどかな風景が広がっている。

 男性によると、資材置き場ができたのは2019年の夏。その後、多い日には1日100台以上のダンプカーが昼夜問わず町内に出入りしてきたという。

 「ダンプカーの往来で壁にひびが入り、水道管が破裂した家もある。過積載のダンプが土をこぼして道路を汚すし、夜中も振動・騒音がすごくて眠れない」

 資材置き場には土が高く盛られ、その上にはショベルカーが堂々と鎮座していた。土の山にはカバーがかかっておらず、雨風に吹かれたのか、周囲には土まみれの茶色いタイヤ痕も散見される。

「被害」は認められず

往来するトラックによって割れたとみられる舗装前の道路=横浜市都筑区(住民提供)

 男性ら住民は横浜市に相談し、資材置き場の騒音測定が行われたが、公害認定の対象となる数値に達せず「被害」は認められなかった。

 住民は過積載と思われるダンプを見つけると、警察に通報もしてきた。ただ、個人事業主のダンプ運転手に減点や罰金を科しても、資材置き場を運営する事業者側には罰則がない。問題の解決には至らなかった。

 市に窮状を訴え続け、ひびの入った道路は舗装し直されたものの、事業者側の責任が問われることはなかった。男性は「市や警察に何度も相談しても解決策はない。どうすればいいのか…」と肩を落とす。別の住民は「道路補修に数千万円はかかったと思うが、道路が壊れたらまた直すのか。多額の税金を使って同じことを繰り返すだけで無駄ですよね」と首をかしげた。

 取材班は、資材置き場を運営する事業者に話を聞こうと試みたが警戒され、「ノーコメント」「もうすぐここは出て行くから」などと繰り返され、なかなか本音は聞けなかった。

 住民と業者、双方の事情を知る都筑署にも話を聞くと、「騒音などの苦情が寄せられているが、『許可を得た上での事業』という業者側の言い分も、『元の生活に戻りたい』という住民の主張もどちらもうなずける。今の現状では、根本的な解決が難しい」と頭を抱えていた。ただ、署の幹部によると、事業者は苦情に困っている様子で「仕事がやりづらいので、もうすぐ出ていく」と話していたという。(マイカナ取材班)


 神奈川新聞社は暮らしの疑問から地域の困り事、行政・企業の不正まで、無料通信アプリLINE(ライン)で読者から寄せられた取材リクエストに幅広く応える「追う! マイ・カナガワ」(略称・マイカナ)に取り組んでいます。

 皆さんの「知りたい」をスタートラインとする新しい報道スタイルです。LINEアカウントで友達登録し、ぜひ情報や記事の感想をお寄せください。

LINEの友だち登録で、取材班とのやりとりができます。

追う!マイ・カナガワに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング