1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 死亡した妻の父が出廷「早く刑に服して」と怒り 被告は

東名あおり運転差し戻し審
死亡した妻の父が出廷「早く刑に服して」と怒り 被告は

社会 | 神奈川新聞 | 2022年3月30日(水) 23:20

横浜地裁

 大井町の東名高速道路で起きた一家4人の死傷事故から約5年がたつ中、横浜地裁で続くやり直し裁判。男性=当時(45)=と妻=当時(39)=の2人を亡くした遺族は、30日の論告求刑公判で、意見陳述に臨んだ。「(被告には)罪悪感や責任感が何も感じられず残念」「一日も早く刑に服して謝ってほしい」─。無罪を主張し「危険な運転をしていない」とする被告の男(30)に対し、抱えてきた怒りや悲しみを吐露した。

長女「結婚式に呼びたかった」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

東名あおり事故に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング