1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 道路の真ん中に“電柱ど~ん”なぜ 藤沢市に聞いた

追う!マイ・カナガワ
道路の真ん中に“電柱ど~ん”なぜ 藤沢市に聞いた

社会 | 神奈川新聞 | 2022年3月17日(木) 15:21

 「散歩中に見つけたのですが、道路の真ん中に居座っている電柱があります。異常な状態だと思うので、調べてもらえないでしょうか」。藤沢市の自由業の50代男性から「追う! マイ・カナガワ」取材班に寄せられた“珍情報”。どこかのテレビ番組で見かけるようなテーマだけど、本当にこんなことってあるの? 


市道の真ん中に立つ電柱=藤沢市鵠沼

 JR藤沢駅から北西に徒歩10分ほどの同市鵠沼の住宅街。狭い路地が多いエリアで大通りから1本入った丁字路に向かうと、幅3メートル程度の道路の真ん中に1本の電柱があった。見た感じはそれほど新しいものではなさそうだ。

 通りがかった60代の男性に聞くと、「近くに25年ほど住んでいるけど、ずっとあるね。配達の軽自動車なんかはうまく抜けていくよ」。

 よく見ると、電柱は約3メートルの道のど真ん中ではなく、若干ずれて立っている。測ってみると広い方はおよそ幅1・5メートル、狭い方は0・9メートル。運転に自信のあるドライバーで、軽自動車なら抜けられるだろうか…。ただ男性は続けた。「救急車や消防車が通りたいときはどうするんだろうね」

「あることが当たり前」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

追う!マイ・カナガワに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング