1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 検察側と弁護側で食い違う主張 証言で振り返る8回の審理

東名あおり運転差し戻し審
検察側と弁護側で食い違う主張 証言で振り返る8回の審理

社会 | 神奈川新聞 | 2022年3月14日(月) 22:09

 5年前の初夏の夜、神奈川県大井町の東名高速道路で起きた事故。あおり運転の末、追い越し車線上に車を停車させて一家4人が死傷する事故を招いたなどとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた被告の無職男(30)の差し戻し裁判員裁判は、これまで8回の審理を重ねた。被告は「危険な運転はしていない」などと無罪を主張。検察側と弁護側の主張は、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

東名あおり事故に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング