1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川から「戦争反対」 力ずくの脅しは時代遅れ

追う!マイ・カナガワ
神奈川から「戦争反対」 力ずくの脅しは時代遅れ

社会 | 神奈川新聞 | 2022年3月5日(土) 05:30

 「NO WAR」「戦争止めて」─。ロシアのウクライナ侵攻に対し、世界各地でこうした呼び掛けが広がっています。読者とつながる神奈川新聞の双方向報道「追う! マイ・カナガワ」取材班でもメッセージを募集しました。「ウクライナに平和を」と願う声を紹介します。(マイカナ取材班)


他人事ではない

ウクライナカラーにライトアップされた県庁本庁舎=3月3日夜、横浜市中区

 ◆現状変更を行おうとするロシアは問題外だが、不断の抑止への努力の必要性を痛感した。平和のためにこそ、岸田政権は平和ボケを脱してほしい(横浜市金沢区、40代男性、宮崎)

 ◆テレビを観てヒドイと思うばかりで、何もできない自分に落ち込みます。ロシアの人にどうにかして、この状況を知ってほしい。ロシアの国内から立ち上がってほしい。そう思って小さなメッセージを書きました(相模原市、50代女性、みー)

 ◆ロシアは他国との紛争解決に武力侵攻の道をとった。これを許せば世界の秩序は破壊され、同じように軍事力で他国を従わせようという国が出てくる。今ウクライナで起こっている事は決してひとごとと捉えてはいけない(横浜市西区、60代女性、フウコ)

 ◆ウクライナの皆さん、日本もあなた方の味方です。日本にも、逃げてきてください。ロシアは、国際違反の侵攻やめなさい。孤立するだけです(横浜市神奈川区、50代女性、加瀬京子)

戦争は何も解決しない

 ◆コロナウイルスや地球温暖化に世界が力を合わせて取り組むべき時に、他国へ侵略するなんて、許せません。ウクライナの主権と平和を! ウクライナの人々、ゼレンスキー大統領は世界の希望です!(横浜市都筑区、70代女性、風琴子)

 ◆暴力反対! 戦いで命を落とすのは市民と軍人。政治家トップは命令するだけ。殺しあいで残るのは、悲しみと憎しみ、不幸だけ(鎌倉市、50代女性、戦争を止めて!)

 ◆ウクライナ政府は決してロシアに屈しまいと自国を守るため、全国民が一致団結している! 核で脅かすロシア、日本国民として許せない!(横浜市南区、60代女性、三枝智子)

 ◆戦争止めろ! 私たちは平和に暮らす権利があるはずです。ウクライナでも地球上のどこでもこんな恐ろしいことをやめさせなければならない。戦争しても何も解決には至らない!(平塚市、60代男性、シーミ)

ロシアの軍事侵攻に無言で抗議する市民ら=3月3日、川崎市中原区の東急線元住吉駅前

 ◆理由は色々あるでしょうが、なぜ? なぜ? 止めてあげられないのかと。国連やEU? 見てるだけで良いのか! 策案はあっても遅く別問題になってしまう。被害や死亡者が多くならないように願う(横浜市磯子区、70代女性、尾崎静枝)

 ◆ロシアの身勝手な論理が原因でウクライナ侵攻という悲劇が生まれている。建物が破壊される様子や人々が逃げる様子を見ると痛ましく感じる(海老名市、40代男性、古田朋洋)

 ◆分かり得ない程のつらさです。どれだけプーチン大統領の侵略、殺りくがあろうと、ウクライナは世界中が見守り、味方してます(藤沢市、60代男性、ヨネ)

 ◆ウクライナにいる方々がどんな試練に遭うとしても慰めを得て、この戦争をどうか乗り越えられますよう、願います。「平和だ安全だ」と言う声が一日も早く聞けますように切実に願います(横浜市中区、40代女性、根岸裕美)

心安らぐ暮らし、一日も早く

 ◆突然の戦争! どれほど怖い思いをされているか…。どうか、互いに励まし合って乗り切ってください。必ず、朝が来ます! 世界中の人たちが皆さんの無事と終結の時を祈っています。決して諦めないでください(横浜市中区、70代女性、根岸ミッコ)

 ◆ウクライナのオデッサ市と姉妹都市になっている横浜に生まれ育っただけに、この事態はとても悲しくつらく、本当にロシアの暴挙が許せない限りです。一刻も早く平和な日常が戻ってほしいです(横浜市中区、40代男性、ロイヤル)

 ◆民間の方々、さらには子どもにまで犠牲が出ていることに心を痛めています。ウクライナの皆さんが一日も早く心安らげる暮らしを取り戻せることを祈っています(箱根町、30代女性、もち)

 ◆ウクライナの人々の悲しみは私たち日本人の悲しみ。苦しみは、ウクライナの人たちだけではありません。1日でも、早く元の生活ができるよう願ってます(相模原市緑区、50代男性、カキ)

ウクライナ国旗の青色にライトアップされた小田原城

 ◆国と国との戦争を見ていて、とても悲しく、国の幹部なら何が国民の1人1人のためなのか、何が幸せなのか真剣に考えて欲しいと切に思います(伊勢原市、50代女性、華大)

 ◆ウクライナと聞いて真っ先に浮かぶのは映画「ひまわり」で見た一面のひまわり畑。風に揺れるひまわりのように、1日も早く穏やかな日々が戻りますように願っています(平塚市、60代女性、こすもす)

 ◆グローバルが広まっている今、国内でも問題を力で抑える、ましてや他国を力で抑えるやり方は時代遅れだと思います。小さい国の問題を大きい国が武力で脅威を与えるなんて、してはいけない事だと気づいてほしい(平塚市、50代女性、かおり)

憎しみは憎しみしか生まぬ

 ◆ウクライナの皆さんにかける言葉が見当たりません。頑張ってとか応援してるなんて言葉では表すことができないのですが何か自分にできることがあれば全力でやりたいという気持ちです。ウクライナと世界に平和を!(綾瀬市、50代女性、nezumi0)

 ◆罪もない民間人の方々が犠牲になっている事が心苦しいです。ロシアの軍の方も戦争だとは知らず、苦しんでいるという報道も見かけます。戦争は誰も幸せにしません。この戦争が一刻も早く終わることを祈ります(川崎市高津区、10代女性、水瀬凛空)

 ◆武力で解決する問題は、何1つも無い!(横浜市、60代女性、くぅ)

 ◆大切な人が亡くなるのはつらい。それが人為的なものなら尚更(厚木市、50代女性、okaya)

 ◆憎しみは憎しみしか生みません。平和を!(川崎市、30代女性、小早川武)


平和への願い、連帯の声 もっと読む

追う!マイ・カナガワに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング