1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 沖縄・辺野古への新基地建設は「終わった問題」ではない

時代の正体 沖縄復帰50年 記者の視点=田中大樹
沖縄・辺野古への新基地建設は「終わった問題」ではない

社会 | 神奈川新聞 | 2022年2月22日(火) 11:00

受け入れを表明する岸本氏(前列中央)=1999年12月、沖縄県名護市

 憂慮する。辺野古新基地建設に対する本土の受け止めである。

 地元の名護市長選は政権与党が支援する現職が再選した。新基地建設を語らぬ姿勢を崩さず、争点とは成り得なかったが、多くの人は「終わった問題」と決め込んではいないか。

 投開票日の1月23日夜、現職当選確実の速報が流れた。思い起こしたのは、建設容認派の辺野古住民がかつて語った一言だった。

 「金で釣られたなんて、あんたたちには言われたくない。欲しいものは何でも持ち、嫌なものは押し付ける。そんなナイチャー(本土の人)にはね」

なぜ、辺野古なのか

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

時代の正体に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング