1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 相模原でヘイト街宣 人権条例巡り、虚言重ねる

時代の正体 レイシストを追う
相模原でヘイト街宣 人権条例巡り、虚言重ねる

社会 | 神奈川新聞 | 2021年12月30日(木) 11:00

 川崎市や相模原市などで外国人排斥を繰り返す差別者集団「日の丸街宣倶楽部」が26日、小田急線相模大野駅前でヘイト街宣を行っていたことが分かった。同駅前での街宣は6月、7月、9月、11月に続くもので相模原市内における人権侵害が常態化している。市は現在、ヘイトスピーチ規制を含む人権条例の制定作業を進めているが、加害を食い止め、被害の拡大を防ぐ有効な歯止めの必要性が高まっている。

 街宣の動画が動画投稿サイトの「ユーチューブ」と「ツイキャス」にアップされたが、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング