1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜・有隣堂の絵画は謎じゃない 作者名掲示で増す存在感

追う!マイ・カナガワ
横浜・有隣堂の絵画は謎じゃない 作者名掲示で増す存在感

社会 | 神奈川新聞 | 2021年12月24日(金) 05:30

 有隣堂伊勢佐木町本店(横浜市中区)に飾られていた謎の絵の正体を突き止めた「追う! マイ・カナガワ」の記事が掲載されて3カ月。約65年ぶりに“判明”した作者名のプレートが掲示されたと聞き、同店を再び訪ねた。

 伊勢佐木町の本通りに面した同店の入り口を抜けると、その絵は以前と変わらず、左手の壁、高さ3メートルの場所でひっそりと店内を見下ろしていた。

 「空気みたいに存在し、あるというよりは、『いる』という感じ。以前にお客様から聞かれてはじめて見上げ、それ以来、素敵な絵だなと思っていたんです」

 加藤秀樹店長(55)が出迎えてくれた。

 同市南区の男性(53)から「作者はだれ?」とマイカナ取材班に質問が寄せられたのが1月。同店やOBらと協力して調査し…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

追う!マイ・カナガワに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング