1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ヘイトに屈せず成立を 武蔵野市の住民投票条例で市民

時代の正体 差別のないまちへ
ヘイトに屈せず成立を 武蔵野市の住民投票条例で市民

社会 | 神奈川新聞 | 2021年12月19日(日) 11:10

 日本人も外国人も区別なく投票権を認める東京都武蔵野市の住民投票条例案に賛成する市民らの街宣活動が18日、JR三鷹駅前で行われた。市議会本会議の採決を迎える21日を前に賛否は拮抗(きっこう)し、まちなかでは条例反対を口実にした外国人排斥のヘイトスピーチが響く。危機感を強める参加者は「差別と暴力を認めるわけにいかない」「公平で誰も差別しない条例を実現しよう」と訴えた。

 条例案では投票資格を3…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング