1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 添い寝の状態が「虐待」 川崎の男児死亡事故で審議会報告

添い寝の状態が「虐待」 川崎の男児死亡事故で審議会報告

社会 | 神奈川新聞 | 2021年11月30日(火) 22:40

 川崎市中原区の障害児支援施設「市中央療育センター」で2016年12月、短期入所していた男児=当時(9)=が死亡した事故を巡り、事故を検証する有識者会議が29日開かれ、事故当時の男児への添い寝の状態が「児童福祉法上の身体的虐待に当たる」との口頭報告が市児童福祉審議会からあった。審議会は、事故が虐待に当たるか審議していた。

 審議会の口頭報告では、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

死亡事故に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング