1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川県内、1日未明から激しい雨の恐れ 高波にも警戒を

神奈川県内、1日未明から激しい雨の恐れ 高波にも警戒を

社会 | 神奈川新聞 | 2021年11月30日(火) 12:18

 横浜地方気象台は30日、高波と大雨、雷に関する気象情報を発表した。神奈川県内は12月1日未明から朝にかけて、雷を伴った激しい雨が降るとして、低い土地の浸水や河川の増水などに注意を促している。三浦半島の東京湾側では、高波への警戒も必要という。

 気象台によると、朝鮮半島付近の低気圧が急速に発達しながら日本海を北東へ進む見込み。低気圧から延びる前線が1日にかけて通過するため、県内も大気の状態が不安定になるとしている。

 1日正午までの24時間に予想される降水量は、西部の多い所で100ミリ、東部は80ミリ。1時間に30ミリの激しい雨が降る所があるとみている。海上を中心に風も強まることから、竜巻や突風への注意も呼び掛けている。

大雨に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング