1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 高齢運転の不安、作業療法士に相談を 神奈川県警が配置

高齢運転の不安、作業療法士に相談を 神奈川県警が配置

社会 | 神奈川新聞 | 2021年11月21日(日) 06:00

ドライブシミュレーターによる運転技能の検査で、助言・指導する作業療法士の清水隆行さん(右)=横浜市旭区の県警運転免許センター

 高齢ドライバーの事故が後を絶たない中、運転に不安がある高齢者とその家族をサポートしようと、神奈川県警が相談体制を強化している。今春から県警運転免許センター(横浜市旭区)に常時、作業療法士を配置。医学的な知見を反映させた助言や指導をしている。

 窓口となる電話相談ダイヤル「#8080」の周知に力を入れており、運転教育課は「困ったことがあれば抱え込まずに相談してほしい」と呼び掛けている。

医学的に分析

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

交通事故に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング