1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 相模大野で差別街宣再び 川崎の規制条例にデマで「反対」

時代の正体 レイシストを追う
相模大野で差別街宣再び 川崎の規制条例にデマで「反対」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年11月16日(火) 05:30

 川崎市や相模原市で外国人排斥を繰り返す差別者集団「日の丸街宣倶楽部」が14日、小田急線相模大野駅前でヘイト街宣を行った。ヘイトスピーチ規制条例があたかも外国人を優遇するものであるかのように事実をねじ曲げ、敵意をあおり立てた。条例の制定作業が進む相模原市で実効性のある規制が求められているという「立法事実」がまた一つ積み上がった。

 同駅前でのヘイト街宣は…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング