1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 医療事情悪化のミャンマー 日本人向けオンライン相談開始

医療事情悪化のミャンマー 日本人向けオンライン相談開始

社会 | 神奈川新聞 | 2021年11月11日(木) 21:00

オンライン医療相談のデモンストレーションをする三思会の野村直樹理事長(同会提供)

 今年2月の政変で医療事情が悪化しているミャンマーの日本人向けに、日本語で医療相談を受けられるオンラインサービスが12日から始まる。

 厚木市船子で東名厚木病院を運営する社会医療法人社団三思会(野村直樹理事長)が、海外向けオンライン医療相談のMedifellow(メディフェロー、東京都港区)と提携し、国内で初めて実施する。

 三思会は2019年から、同国最大の都市ヤンゴンに診療所を開設していたが、政変により今年4月に一時休止。同国内に日本の医療機関の診療所がなくなったことから「けがや病気のニュアンスを詳しく伝えやすい日本語で相談したい」という在留邦人のニーズに応じる。

政変にコロナで厳しく

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ミャンマーに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング