1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 漁師たちの戦争(2)安価な徴用、軍の手軽な“便利屋”に

徴用船の悲劇
漁師たちの戦争(2)安価な徴用、軍の手軽な“便利屋”に

社会 | 神奈川新聞 | 2014年8月7日(木) 11:00

 「軍の恣意(しい)によって、漁師の尊い命や財産である漁船が戦争に根こそぎ持って行かれた。軍のやりたい放題だった」。戦時中の小型漁船の過酷な戦いを著書にまとめた宮城県在住の船舶・海事研究家、大内建二さん(75)は、徴用の本質をこう指摘する。

 軍の求めることは絶対で、拒否するなどとんでもない-。こうした空気が社会全体を覆っていたこともあり、漁船は次々と戦地に投入されていった。
 徴用は194…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

戦後70年に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング