1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜市立中の跳び箱事故訴訟 市は予見可能性否定、争う姿勢

横浜市立中の跳び箱事故訴訟 市は予見可能性否定、争う姿勢

社会 | 神奈川新聞 | 2021年10月27日(水) 23:20

 横浜市鶴見区の市立中学校で2017年5月、当時2年生だった男子生徒(18)が授業中に跳び箱から落ちて下半身不随などの大けがを負った事故で、指導教諭に注意義務違反があったとして、男子生徒と両親が市に約8200万円の損害賠償などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、横浜地裁(山田真紀裁判長)であった。市側は事故の予見可能性を否定し、争う姿勢を示した。

 訴状によると、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

賠償に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング